私とポップコーンダイエット

過去に成功した私のダイエット経験です。
高カロリー国、アメリカに住んでいた私は必然的に肥満に陥りました。 ある年のクリスマスプレゼントに “エアーポップコーン” の家電をもらいました。
その名の通り熱風でポップコーンを作るものでした。

http://honportal.org/

 油もバター要らず、味付けも出来立て時に自分好みで変えられる優れものでした。
半カップで大きなボール一杯作れました。 時間もほんの2~3分!! なんて便利なものがと思いました。
今ではお勧めできませんが、これを毎日1回、夕食として食べてました。 もちろん、朝食昼食は抜きました。 

結構な量なのでお腹も膨れてポップコーンを食べるのが楽しみになったっくらいです。 今、思えばとても不健康なダイエットですよね。 なんせポップコーンは糖質ですから。
なぜ痩せたのかというと胃を膨らませて食欲を減らしていただけなのです。 でも、あれよあれよという間に?せました。 多分、私の年も関係してたのかもしれませんが。

あちらでは飲み物は炭酸系が主流ですが一切、私は飲みませんでした。 変わりにコーヒーや紅茶等々、カフェインとりまくり!! 糖分がないのでと思い飲んでました。 これもお勧め出来ません。 その名残りか炭酸系の飲み物は私は今でも飲みません。 ただの炭酸水はアメリカ当時から飲んでましたけど。
という事でポップコーンダイエットはただのお腹を膨らませて食欲を抑えるだけで栄養的にも良くありません。 ?せますけど。

○○を食べて理想の体に!

「○○を食べて理想の体に!」と聞くと、○○に当てはまる食べ物は何を想像しますか?

たんぱく質を多く含むもの?食物繊維を多く含むもの?

たんぱく質は筋肉を作るのに重要で、食物繊維は腸の調子を整えたり血糖値の急な上昇を抑えたり

確かに体づくりに欠かせないものですよね。

しかし私の夫は「白米」、つまり糖質を食べるようにしたら筋肉量が増え、理想の体になったのです!

スララインの口コミ&使用感は?最安値で購入可能な通販サイトなども紹介!

なぜ?と思う方は多いと思います。そこで分析してみました。

夫は普段の食事は比較的バランス良く食べています。しかし夕飯だけ白米を抜いていました。

ここが盲点だったようです。

筋肉をつけるために筋トレをしていたのですが、なかなか結果に表れません。

白米つまり糖質の摂取量が不足しているため、たんぱく質が筋肉を作るために使われる前に

エネルギーとして使われてしまっていたようです。

そこで体内にはたんぱく質が不足している状態になってしまい、筋トレをしても筋肉量が増えませんでした。

夕飯に白米を食べることでエネルギーが充足し、たんぱく質がエネルギーとして使われることなく

本来の筋肉を作る働きをしてくれるようになったのです。

その結果、筋肉量が増え、理想の体になりました。

白米やパンを極端に減らしている方で筋肉量が増えずに悩んでいる方、こんなこともあります。

個人差はあるかと思いますが、試してみてもいいかもしれませんね。

【食べながら痩せる】きゅうりダイエット

方法は簡単で毎日きゅうりを食べるというもの。

あとはいつもどおりの生活をしながらでOK。

痩せやすい理由はこのとおり。

硬く噛まないといけないから。

きゅうりは硬さがあり、ある程度噛まないと飲み込めません。

この噛む行為が刺激となり、満腹感を得られ食べる量が減る。

結果として、全体の食べる量が減り、摂取カロリー減につながる。

ワンズアップはお店で市販されてる?店舗での販売状況や効果などをレポートします!

きゅうりは一口でも数回は噛まないといけません。

かぶりついて、そのまま飲み込む人はいないはず。

なので、噛む回数を増やすために、できれば1本のままが理想。

とはいえ、そのままだと持ち運びには適さない。

きゅうり1本が入るお弁当箱はなかなかの大きさですし。

なので、少し大きめにカットするのがいい。

これならお弁当や小さめのタッパーにも入り持ち運べる。

仕事のお昼でも問題なく食べられます。

食べる量も毎食が理想。

毎食きゅうりを食べると結構おなかが膨れますから。

その状態だと、どうしても食べられないので、食べる量が減りやすい。

減ると余分な摂取カロリーが減り痩せやすくなる。

きゅうりだと、値段も安い手に入りやすいので、ダイエット初心者には特におすすめ。きゅうり自体もそこまでカロリーは高くありませんから。

取り組みやすいきゅうりダイエットは簡単で最高です。

脂肪燃焼スープダイエット

脂肪燃焼スープで過去に9キロほど痩せたことがあります。
6日がワンクールとして11回ほど繰り返しました。
はじめは普通の食事からの脂肪燃焼スープへの切り替えだったので
水分が減ったのか3キロほどの減量に成功しました。

http://www.primeralinea-cuba.com/

その後、一日休みをいれてはまた脂肪燃焼スープを食べての繰り返しをしました。
2回目以降は減りは少なかったです。
スープは食べれば食べるほど痩せる!ってネットの記事には書いてあるけど
半信半疑。

でも、食べたいだけ食べていました。
私が6日間の中で一番きつかったのはバナナと牛乳の日でした。
バナナが苦手で・・・
途中からはバナナはやめてバナナのカロリー分の卵の白身や納豆を食べて過ごしていました。
あと、バナナの日は水分をたくさん取りましょうとのことでしたが
なかなか取れませんでした。

5.6日目になるとお肉を食べれるので
満足感はあり。
一日一日食べていいメニューが違うので
それはそれで継続につながる感じがしました。

最後の7日目の玄米の日には体重が減らなかったので私は6日でワンクールとしてやっていました。
でも、結果11回も重ねると
さすがにトマトのスープに飽きてきました。
もう、スープ以外のものが食べたいと・・・
スープと野菜の日は、スープ以外の野菜をたくさん食べることが多かったです。
そんなこんなで、やりすぎたせいで今はもう脂肪燃焼スープはしたくないです。
でも、結果が出てよかったです!

半年で7㎏の減量に成功!ダイエットは日々のルーティーンに。

年齢を重ねるとともに体重も増加し、更年期も重なりイライラの解消のためにと自分に言い訳をして暴飲暴食を繰り返す日々。ここ10年ほどで10㎏のぜい肉を蓄えるようになってしまっていました。しかし、昨年体調を崩したのをきっかけに飲酒をやめました。やめて数日後、夜ベッドで寝がえりを打った時に、無意識に「あー幸せだな」と口から言葉を発していました。そんな自分に驚き、今までの暴飲暴食は自らを精神的に追い込んでしまっていたんだなと思い、少しづつでもよいのでダイエットしてみようと思い立ちました。

今も実行しているのは、

【評判以上!】スララインを購入して使用した口コミ&効果!

・起床時にストレッチすること

・起きたらすぐに白湯を飲むこと

・炭水化物を抜かないこと(ご飯やパン類はイライラ防止に必要。ただ、量を半分に減らしています)

・週に一回休日にストレス発散を兼ねて7~8㎞ほどのウォーキングに出かける

・おやつは高カカオポリフェノールのチョコレートにする

・家での空き時間に、その場ジャンプとスクワットを腰を痛めない程度に行う

・両肩を大きくゆっくりとグルグル回すことを癖づける

などを続けています。そのおかげか半年ほどで7㎏の減量に成功しました。日常生活の中でこれらを歯を磨く、顔を洗うなどといった当たり前に行うルーティーン組み込んでしまうことがダイエットを長続きさせるヒントかもしれません。